AGD Research ID: agd0001.v2

 

研究内容の概要

目的: 様々な難聴および外耳・中耳・内耳奇形の原因遺伝子変異の解明と臨床診断への応用

方法: 既知の難聴関連遺伝子領域の塩基配列を、IonPGM、IonProtonを用いて決定する

対象: 非症候群性難聴:1051症例 + 1918症例

URL: http://www.shinshu-jibi.jp/specialty/specialty01

 

データID内容制限公開日
AGDS_000002 NGS (Target Capture) 制限共有 2018/07/02

AGDS_000002

データ追加

NGS (Target Capture) 制限共有 2021/07/30

※リリース情報はこちら

※制限共有データの利用にあたっては、利用申請が必要です。申請方法はこちら

 

分子データ

AGDS_000002

対象

非症候群性難聴(ICD10:H90):

  1051症例(69遺伝子:344症例、63遺伝子:707症例)

  + 1918症例(69遺伝子:1066症例、63遺伝子:852症例)

規模 Target Capture
対象領域(Target Captureの場合)

63遺伝子領域

(ACTG1, CCDC50, CDH23, CEACAM16, CLDN14, COCH, COL11A2,

CRYM, DFNA5, DIAPH1, ESPN, ESRRB, EYA4, GIPC3, GJB2, GJB3,

GJB6, GPSM2, GRHL2, GRXCR1, HGF, ILDR1, KCNQ4, LHFPL5,

LOXHD1, LRTOMT, MARVELD2, MIRN96, MSRB3, MYH14, MYH9,

MYO15A, MYO1A, MYO3A, MYO6, MYO7A, OTOA, OTOF, PCDH15,

POU3F4, POU4F3, PRPS1, PTPRQ, RDX, SERPINB6, SLC17A8,

SLC26A4, SLC26A5, SMAC, SMPX, STRC, TECTA, TJP2, TMC1,

TMIE, TMPRSS3, TPRN, TRIOBP, USH1C, USH2A, WFS1, WHRN)

または

69遺伝子領域

(ACTG1, CCDC50, CDH23, CEACAM16, CLDN14, COCH, COL11A2,

CRYM, DFNA5, DIAPH1, ESPN, ESRRB, EYA4, GIPC3, GJB2, GJB3,

GJB6, GPSM2, GRHL2, GRXCR1, HGF, ILDR1, KCNQ4, LHFPL5,

LOXHD1, LRTOMT, MARVELD2, MIRN96, MSRB3, MYH14, MYH9,

MYO15A, MYO1A, MYO3A, MYO6, MYO7A, OTOA, OTOF, PCDH15,

DFNB59, POU3F4, POU4F3, PRPS1, PTPRQ, RDX, SERPINB6,

SLC17A8, SLC26A4, SLC26A5, SMAC, SMPX, STRC, TECTA, TJP2,

TMC1, TMIE, TMPRSS3, TPRN, TRIOBP, USH1C, USH2A, WFS1, WHRN)

Platform Life technologies [Ion PGM/IonProton]
ライブラリソース 末梢血から抽出したDNA
検体情報(購入の場合) -
ライブラリ作製方法(キット名) Ion AmpliSeq Custom Panel, Ion AmpliSeq Library Kit ver 2.0
断片化の方法 -
ライブラリ構築方法 Single-end
リード長(除:バーコード、アダプタ、プライマー、リンカー) 200 bp
Amed Genome group sharing Database Data set ID AGDD_000002
総データ量

278 + 723 GB GB(fastq)

コメント(利用にあたっての制限事項) AGD policy

 

提供者情報

研究代表者: 宇佐美 真一

所 属 機 関: 信州大学 医学部 耳鼻咽喉科

プロジェクト/研究グループ名: -

URL: http://www.shinshu-jibi.jp

科研費/助成金(Research Project Number):

科研費・助成金名タイトル研究課題番号

厚生労働科学研究費補助金

難治性疾患克服研究事業

Usher症候群に関する調査研究 H22-難治-一般-058

厚生労働科学研究費補助金

難治性疾患等克服研究事業

遺伝性難聴および外耳、中耳、内耳奇形に関する調査研究 H24-難治(難)-一般-032

厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業

障害者対策総合研究開発事業(感覚器障害分野)

新しい難聴遺伝子診断システムの開発および臨床応用に関する研究 H25-感覚-一般-002

厚生労働科学研究費補助金

難治性疾患等政策研究事業

難治性聴覚障害に関する調査研究 H26-難治等(難)-一般-032
日本医療研究開発機構(AMED) 難治性疾患実用化研究事業 科学的エビデンスに基づいた遺伝性難聴の治療法確立に関する調査研究 16ek0109114h0002
日本医療研究開発機構(AMED) 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業 感覚器障害領域を対象とした統合型臨床ゲノム情報データストレージの構築に関する研究 16kk0205010h0001
日本医療研究開発機構(AMED) 難治性疾患実用化研究事業 遺伝性難聴の診療ガイドライン改定に向けた診断・治療エビデンスの創出 18ek0109363h0001
日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合研究開発事業 原因診断に基づく小児難聴の治療・療育システム構築に関する研究 16dk0310067h0001

 

関連論文

タイトルDOIデータID
1 Simple and efficient germline copy number variant visualization method for the Ion AmpliSeq™ custom panel. doi: 10.1002/mgg3.399 AGDD_000002
2 The Clinical Next-Generation Sequencing Database: A Tool for the Unified Management of Clinical Information and Genetic Variants to Accelerate Variant Pathogenicity Classification. doi: 10.1002/humu.23160 AGDD_000002
3 OTOF mutation analysis with massively parallel DNA sequencing in 2,265 Japanese sensorineural hearing loss patients. doi: 10.1371/journal.pone.0215932 AGDD_000002
4 Frequency and clinical features of hearing loss caused by STRC deletions. doi: 10.1038/s41598-019-40586-7 AGDD_000002
5 Diagnostic pitfalls for GJB2-related hearing loss: A novel deletion detected by Array-CGH analysis in a Japanese patient with congenital profound hearing loss. doi: 10.1002/ccr3.1800 AGDD_000002
6 Sensorineural hearing loss and mild cardiac phenotype caused by an EYA4 mutation. doi: 10.1038/s41439-018-0023-9 AGDD_000002
7 WFS1 mutation screening in a large series of Japanese hearing loss patients: Massively parallel DNA sequencing-based analysis. doi: 10.1371/journal.pone.0193359 AGDD_000002
8 POU4F3 mutation screening in Japanese hearing loss patients: Massively parallel DNA sequencing-based analysis identified novel variants associated with autosomal dominant hearing loss. doi: 10.1371/journal.pone.0177636 AGDD_000002